Menu

合宿免許でとることができる自動車の免許

免許の種類と運転できる車

自動車免許には様々な種類があります。日常生活を送るうえで車を使うだけならば普通免許だけで問題ありませんが、職業として車を運転する可能性があるのならば、それ以上の免許を取得しなければなりません。これは免許の種類によって、運転できる車や運転できる状況などが変わってくるからです。まずは、自動車免許の種類とその免許で運転できる車について知っておくことが必要となります。
運転免許を大まかに分けると、運転できる状況を限定するものとして第1種運転免許と第2種運転免許、そして仮運転免許と分けることができます。そして、運転できる車の種類として、大型免許と普通免許、普通二輪免許、原付免許とに分けることが可能です。

第2種運転免許とは、バスやタクシーなどといった人をのせることによって報酬を得る際・仕事に必要となる免許です。仮運転免許とは、資格取得前に一般道路で練習する際に必要となる免許です。車の種類により普通・準普通・中型・大型・原付・普通二輪・大型二輪・小型特殊・大型特殊・牽引とに分けられ、それぞれ運転できる車も違ってきます。原付免許は原付しか運転することができず、普通免許では原付と特殊小型、普通自動車が運転することができます。基本的には、大型特殊自動車の免許を持っていれば、これよりも小型の自動車を運転することができます。バイクでも同様で、大きな車体の免許を取れば、小さな車体のバイクを運転することが可能です。

合宿免許でとれる免許

運転免許を取る際には、必ず行かなければならないわけではありませんが、教習所に行くことが一般的です。この教習所は、通いで行くこともできますが、合宿免許という方法で免許取得を目指すこともできます。合宿免許とは、一定の期間の間、宿泊施設に滞在しつつ運転免許を取得するための訓練や勉強を集中して行う教習のことです。宿泊施設は様々で、教習所が用意している専用の寮を使用することがあるほか、ホテルや旅館を利用することもあります。教習で習う内容や卒業から免許取得までの対応は、通常の教習所の利用と変わりません。合宿免許は、費用が安く追加料金がかからないほか、短期間で免許取得できるというメリットがあります。

合宿免許で取得できる免許は様々あります。すべて統一の教習をするわけではなく、取得できる免許の種類によってそれぞれ内容が異なります。かかる期間も短いもので7日ほどから、長いもので20日ほどかけて行われるものもあります。教習所によって、得意とする免許の教習というものがあるので、あらかじめ調べることが必要です。
合宿免許を行った場合に取得できる免許は、第1種普通自動車免許・第2種普通自動車免許に始まります。この免許を取得すれば普通自動車と原付、特殊小型自動車を乗ることが可能です。

職業として活用される大型特殊・大型・中型・準中型・牽引の免許を取得することもできます。これらの免許を取得すると、大型特殊ならば、バイクをのぞいておおよそすべての車を乗ることが可能です。大型ならば大型特殊をのぞき、中型ならば大型と大型特殊をのぞいた車を、牽引ならば重被牽引車を運転することができます。バイクに関しては、大型二輪と普通二輪の免許を取得することができ、大型二輪免許の場合は大型二輪と普通二輪、そして原付を、普通二輪免許ならば普通二輪と原付を運転できるようになります。

 

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!