Menu

合宿免許で免許をとろう!

合宿免許の流れが知りたい!

通常1ヶ月程度かけて取る運転免許を、半分以下の2週間で取得するのが合宿免許です。女性一人から気軽に参加できるプラン、カップル同室、友達同室、食事なしなど様々な合宿プランが存在します。キャンペーンを上手に利用すれば、よりお得に運転免許を取得することが可能となっています。

合宿免許に到着すると大きい荷物を預けます。提出する必要書類や貴重品は手元に持っておけるように別にしておきましょう。その後、入学説明会が始まります。必要書類の記入や提出、視力検査、写真撮影などが行われます。手続きが終わると早速教習がスタートします。学科1を受講後、それぞれに申し込んだコースでの学科教習、技能教習を受講することとなります。

合宿免許ではどんな生活をするの?

合宿免許での生活は、基本的には団体行動となります。食事以外は午前午後共に技能教習、学科教習が続きます。休憩時間はあっても自由時間は殆どないので、集中して教習に励むことが出来ます。教習期間が短期であっても学ぶべき内容は変わらないので、教習には真面目に取り組む必要があります。

夕食後は自由時間となっているので、好きなことをして過ごしてかまいません。友人同士でおしゃべりをしても、遊びに出てもいいし、一人で読書などしていてもかまいません。ただ、運転免許証の取得には覚えることも多いので、自由時間を活用して自習をする人もいます。かといって、周りに合わせて無理に何かをする必要はなく、疲れが出ないよう翌日以降の教習に備えてゆっくり休むことも大切です。

合宿免許に必要なものってなに?

手続きのために必要な書類などは忘れないように注意しましょう。本人確認書類は健康保険証、パスポート、あれば運転免許証などを用意しましょう。住民票は本籍が記載してあるもので、発行から3ヶ月以内のものが有効です。印鑑は認め印でもかまいませんが、朱肉を使うタイプを用意しておきましょう。スタンプ印は認められません。その他、身体条件がある人は眼鏡やコンタクトを忘れずに持って行きましょう。学習に必要な筆記用具、保険証も持っておきましょう。追加の出費に備えて多すぎない程度の現金、もしくはキャッシュカードを用意しておくと安心です。

生活をするために必要なものの用意も必要です。着替えやタオル、洗面用具の他に、常備薬や充電器も忘れないように持って行きましょう。長期にわたる合宿では洗濯用具も必要です。洗剤やハンガー、使い慣れたドライヤーなどがあると快適に過ごせます。季節によってはマスクやカイロなどがあると便利です。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!