Menu

合宿免許と通学免許のメリットの違いとは

合宿免許は無駄が少ないのがメリット

合宿免許のメリットは色々な部分で無駄を省くことができる点です。基本的には一定期間は教習所の近くにある宿舎やホテルなどに泊まり、その期間内は教習を受けて勉強に集中することが求められます。田舎の土地に教習所が設けられていて他に娯楽もない合宿場所になっていることもあり、強制されないとなかなか勉強できないという人にもメリットがあるでしょう。合宿中は教習所の近くで生活しているので通学にかかる時間もわずかです。やや離れているときでも直行のシャトルバスを利用できるのが一般的になっています。

免許取得のためのスケジュールに関しても無駄がないように作り上げられています。学科も技能も無駄なく詰め込まれているので短期間で免許を取得することが可能です。わずかな間にたくさんのことを覚えなければならないので学習能力はある程度求められます。ただ、教習には空き時間があるので、時間を有効活用して勉強すれば知識の習得も追いつくでしょう。教習所によっては学習のためのシステムや模擬試験を受けられるシステムが準備されていることもあり、効率よく学ぶことが可能です。無駄が少ないのは良いですが、体調を崩してしまって受けられなくても自己責任になります。体調管理に気をつける必要があることは念頭に置いておかなければなりません。

通学免許は拘束が少ないのがメリット

通学免許は拘束を受けることが少なく、自分のペースで免許の取得を目指していくことができるのがメリットです。まとまった休みを取る必要はなく、昼間は忙しいという人も朝や夜の教習を選べば問題ありません。平日は通えないという人でも土日だけ受けて免許を取ることができます。必要な学科教習を開講されている時間に合わせて受けに行き、さらに技能教習を定められた回数だけ予約して受ければ良いということになります。受けていない学科教習がなかなか都合の良い時間に開講されない、技能教習の予約を取りたいけれど二週間後になってしまうといった問題も生じることがありますが、地道に通い続けていれば免許を取ることはできるでしょう。

時間的にもゆとりを持つことができるため、必死に勉強しなければならないというプレッシャーもあまり大きくはありません。学科試験の前になって詰め込みをしても、毎日コツコツと独学をしても大丈夫です。技能教習も疲れてしまったから延期するなどといったこともできるので、自分の都合を重視して教習を受けていきたい人にとってメリットが大きい方法です。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう