Menu

合宿免許に持っていくと役立つ便利な持ち物

季節ごとの対策グッズがあると重宝する!

入校時の季節に応じた対策グッズを持っていくと大いに役立ちます。例えば寒い時期であれば、マフラーや使い捨てカイロなどの防寒グッズがあると安心できるでしょう。逆に暑い季節なら、日焼け止めや虫よけスプレーを持っていくことをおすすめします。
ウイルスや花粉が蔓延しているような時期にはマスクがあると心強いですよ。合宿免許中で最も大切なのが健康管理なので、教習や試験に影響を及ぼさないためにも、万全の対策を施しておきたいところです。
また、半月の滞在期間中に怪我をするリスクも少なくないので、絆創膏を持参すると重宝するはずです。合宿免許によっては自炊を行う機会もあり、料理中に誤って指を切ってしまうこともあるでしょう。そんなときに絆創膏があると活躍してくれますよ。

ストレスフリーの合宿生活を送るために

毎日使うであろう歯ブラシやカミソリ、タオルやドライヤーなどは必ず持っていきましょう。特にドライヤーは必需品です。宿泊先に常備されているケースも多いですが、ほとんどの場合は数が限られています。まとまって入浴すると、ドライヤーの順番を待つ必要が出てきてしまいます。そんなときに自分専用のドライヤーがあれば、ストレスなく髪を乾かすことができますよ。
また、シャンプーやリンス、石鹸といった入浴用品も、可能であれば自分が毎日使っているものを持っていきましょう。万が一宿泊先にあるシャンプーやリンスが頭皮に合わなかった場合、余計なトラブルを招いてしまう危険性があるからです。

合宿免許を充実させる娯楽用品

合宿免許では自由な時間もある程度は確保されています。合宿仲間とワイワイ楽しむのもありですが、中には一人でゆっくり過ごしたいという人もいるはずです。そんなときに娯楽用品があると退屈せずに済みますよ。
娯楽用品の鉄板は、携帯電話や携帯音楽プレイヤー、他に漫画や文庫本などです。ただ注意点として、携帯機器を持っていく場合は同時に充電器も持参しなければいけません。せっかく携帯機器を持っていっても、充電切れで使えなくなってしまっては宝の持ち腐れです。
本はかさばらないよう、コンパクトサイズの文庫本などがおすすめです。

充電器を持っていくなら、さらに延長コードや二股コンセントがあると便利です。部屋のコンセントには限りがあるので、ときには争奪戦が巻き起こることもあります。しかし二股コンセントがあれば、不必要な争いを避けることができるでしょう。
また、延長コードがあると、コンセントから離れた位置で過ごす場合でも充電しながら携帯機器を触ることができますよ。

 

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう