Menu

開業祝いで送る花

開業祝いで花を贈る場合は、特に胡蝶蘭や観葉植物がよく選ばれています。またフラワーアレンジメントなども利用されることがあります。 開業祝いとして贈る花に、胡蝶蘭が選ばれることが多い理由は、その見た目にあります。値段も比較的高価ですが、その分高級感があり、凛としたその立ち姿はフォーマルな印象を与えます。会社や事務所の雰囲気を壊すことなく、印象をよくするでしょう。 胡蝶蘭は大輪のものや小輪のものがありますが、贈った相手に花を飾るスペースがあるようであれば、開業祝は大輪が選ばれることが多いものです。色は、白やピンク、紫、白地に中央がピンクのものなどがありますが、最もフォーマルな印象のものは白です。鉢の部分をラッピングし、贈り主の名前を入れた札を付けて贈ります。 観葉植物も開業祝のギフトとして、選ばれることが多くあります。清々しいグリーンの観葉植物はオフィスや事務所に似合います。お祝い後も長くことができるのも良い点でしょう。観葉植物の場合も、鉢の部分をラッピングし札を添えます。 フラワーアレンジメントは、受付などに置けるためよいのですが、赤字を連想する赤い花は避けるのが一般的です。事業の新しい門出を祝う開業祝、素敵な花で応援したいものですね。